HOME > まるざ古代餅 > 緑米餅


幻の米と呼ばれる
貴重な古代米


緑米は全国でも生産量・収穫量が少なく、幻の米と呼ばれる貴重な古代米です。古代米の中でも特に栽培が難しく、白米と同じ面積の水田に稲を植えても半分しか収穫できません。もち質で、従来のもち米よりも粘りが強く、甘みがあることから香り米とも呼ばれています。

その歴史は文明の誕生に起源があると言われており、胚芽の部分がクロロフィル色素により緑色に色付いているのが特徴です。クロロフィル色素とは緑黄色野菜に含まれている色素で、血中の脂質の正常化に作用してコレステロールを減少させる働きや、抗酸化作用などの働きがあるとされています

また、亜鉛やマグネシウム、食物繊維を豊富に含んでいることから造血作用や血液浄化作用があり、更にクロロフィル色素は貧血予防に効果があると言われており、まさに血液の為のお米と言えます。

緑米の効能
◎クロロフィル色素の働きで中性脂肪やコレスレロール値を下げる
◎亜鉛・マグネシウム・食物繊維の働きで血液を綺麗にしてくれる
◎2つの効果で血液を増やし、貧血予防に効果がある

お客様の声
▼緑米というのを初めて知り、購入してみました。他の黒米や赤米よりも見た目の違いは大きくないですが、緑米の粘りと甘みを感じられてとても美味しかったです。今度は父の為に購入したいと思います。
(40代・女性)

▼朝食を古代餅にしてから10ヶ月。 便通が良くなり吹き出物が減ってきたような気がします。 久しぶりに体重を計ったら約3kg減っていました。 月に一度こちらのカフェでランチをしながらスタッフの方々とお話しできるのを楽しみにしています。 今年に入ってからは弟も古代餅を食べています。 小さい頃からずっと朝食はパンでした。 今では毎朝古代餅を一枚食べています。 お米も発芽玄米の作り方をスタッフの方に教わり毎日玄米を発芽させています。 これからも古代餅を食べ続けて家族みんなで健康な体を作っていきたいです。
(30代・女性)

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件~2件 (全2件)

1件~2件 (全2件)

ページトップへ